エアージョーダン2と3

エアージョーダン3というモデルがあります。
これは1988年に現れたマイケル・ジョーダンの代表的な第3のモデルの「AIR JORDANIII」。
ジョーダン・シリーズが忙しい活動を示すように、最初のビジブルエアをもたらしたモデルで、その手でこれらのシューズを持っていたジョーダン。
そのうえ、また、そのジャンプ一対一の採点は、初めてこのモデルでやって来ます。
よりハイカットの2つのパターンとエア・ジョーダンI、IIのローカットを開発しました。
しかし、切られる四分の三はこのエア・ジョーダンIII(正確にエア・ジョーダンIII ― X ― に)によって採用されます。

エアージョーダン4というモデルがあります。
それは、「Flight」(飛行)とシリーズがShoo舌の上で書きとめられてモデル化するだけであるエア・ジョーダンです。
Vには散開して、ビジブルエアをもたらします。
そして、それに作ったモデルで、そして、2、3の人気がIIの不利な面、再びプラスチックにデュラバック(合成革)を採用したそれらの日に、かなり専念したIII、メッシュ・パネルかかとカップへの材料であったエア・ジョーダンの昇給人気に、それはありました。

エアージョーダン歴史モデルエアージョーダン1
copyright(C)AIR GOD