エアージョーダン歴史モデル

エアージョーダン7というモデルがあります。
これはジョーダンがNBA2連覇の時に着たモデルです。
1992年にバルセロナで同時に開催されるオリンピックさえ、このVII.のオリンピック・バージョンを着ます。

VIのような影響は出演によって消えました。
しかし、私がジョーダンが要求する素足センスと呼ばれている意味で進化したと思われます。
同期間の間リリースされるハラチシリーズのハラチシステム(内部のブーツ)を採用しました。
そして、バスケットボール・シューズの足部と一体感はより強くなりました。

エアージョーダン8というモデルがあります。
これはジョーダンが3つの優勝(スリーピート)達成の時に着たモデルです。
当時のナイキの技術に集中したバスケットボールシューズで、空襲の十字ストラップ・ハラチシステム・ソール様子は、作られるものを採用しますランニングシューズから奮起させます。
しかし、嘆かわしい特に当時の人気は、十分によくありません。

こういったように、マイケルジョーダンの歴史というものに影響されているモデルというものがたくさんあります。
これはジョーダンのシグネスチャーモデルになっていますので当然のことになっています。

エアージョーダンの新作エアージョーダン2と3
copyright(C)AIR GOD