マイケル・ジョーダンが貢献したシューズ

さらに、マイケル・ジョーダンの愛称は、あったもの(ジャンプの滞空時間はそれが長かったから
です)を適用しました。
1番目からの「エア」です。
略称は(「AJ」)です。

バスケットボールおよびマイケル・ジョーダンの自体のスポーツとしての上述、NBAおよび人気
として1番目からのバスケットボールのためのスニーカーとして市場に彼自身出ましたが、人気の
通りバスケットの流行あるいはストリート・ファッション、ならびに品物にある顕著な機能性
のような、様々な要因およびデザインだけあります。

それはあなたがバスケットボールの選手かどうかに関係がありませんでした。
しかしヒット商品になりました。

1985年の販売スタートの後、エアジョーダンはシリーズとなります。
また、開発と販売はデザイン変更、および機能強化と呼ばれるモデル・チェンジを繰り返して、
20年以上にわたって継続されます。

他方では、人気から、靴への90年代のスタートのまわりの強盗を、殺人、利益を得ることを
目指した冷酷な再販売行為含んでいるのような問題がさらに生じました。

その時間任意に前のモデルを再生し、1999年の後で、現行モデルと平行して市場に出てそれを
入れており、オリジナルの販売になかった色彩デザインの変化、あるいは材料は増加しました。

マイケル・ジョーダンの影響が普及への貢献だったようです。


オリンピック大会で人気なエアー・ジョーダンナイキの最高傑作「エアージョーダン」
copyright(C)AIR GOD